ギアスCCの設定6確定台で6000枚オーバー 負けようがない安定感

シェアする

前回記事を書いたのは1月5日のエウレカ3。

ホールが喫煙禁止になるまで行かないでおこうと思っていたら、新型コロナウイルスの影響で世界が大変なことになり、パチンコ業界も自粛の波に飲み込まれてしまった。

ほとんどの店が自粛していたにもかかわらず、ごくごく一部の店が要請を受け入れず営業していた事が問題になり、日頃からパチンコ店に恨みや不信感を持っていた人たちの格好の餌食になってしまったのは少々可哀想に思えたものだ。

私は自粛明けの6月頃から打ちに行くようになったのだが、やはりコロナ前と比べると客数は明らかに減っている。特に海コーナーやジャグラーコーナーにいたお年寄りたちは半数以下になってしまったのではないだろうか。

店が自粛期間中の収入減を取り戻すように連日回収に躍起になっている事もあって、今のパチンコ店は未だかつてないほど厳しい状態になっている。

しかしながら、こんな状況でも全台ボーダー以下&設定1という調整をしてしまえばわずかばかり残っている重度の依存症をも失う事になるので「見せ台」はある。

今回はその見せ台を掴めた話を書いてみたいと思う。

機種は「コードギアスR2 C.C.ver. 」

出率は1で97.8%、6で112.0%と、公表されているスペック的にはまどマギAやクレア2、バイオイントゥザパニックなどに比べるとやや劣るが、フル攻略時には設定2から100%を超え、5で111.1%、6で113.9%と非常に優秀になる。

ここ最近はパチスロを打たずそこそこ回る甘海太鼓ばかり打っていたが、毎回イベント時に数十人引き子を使うノーマル狙いの軍団が出禁になり、パチスロ...
今まどマギAタイプが面白い 魔法少女まどか☆マギカAがホールに導入されてから早くも2か月が経った。 このまどマギAタイプを糞台やらゴ...
仕事の忙しさと副業が予想以上に上手くいっていた事で、パチンコ屋に行かないまま気がつけば5か月以上経過していた。 仕事が一段落した事と、...

しかもフル攻略の条件はチェリーとスイカをとりこぼさない事とボーナスを当選後平均3Gで揃える事なので普通に打てれば問題なく達成できる。

A偽のように3リールで見にくいスイカを狙わなければいけなかったり(CCは中押しで左フリーでOK)、Aツイブレのように1枚役を完全に取るなどの条件がないのは本当に楽。

勝率も設定2から50%を超え、設定4で82.4%、設定6に至っては95.9%と現行機種でも屈指の高勝率を誇る安定感のある台だ。

ゆえに設定5以上はなかなか入らず、最高設定が4という店も多いと思う。

ただ、私の行く店では台数がそこそこ多く、稼働もなかなかなので5や6がたまに入るため美味しい思いをさせてもらっている。

ギアスcc 6確定台 マイスロデータ

設定6確定台の最終マイスロデータはこんな感じ。9197Gでビッグ39のミドル39

ベルや右チェリー、スイカなどの小役はやや弱いものの十分な数字。

虹トロフィーが出たのは最後の最後だったが、それまでも異常なくらい設定示唆が出たし、ミドルボーナスやCCタイムもバカみたいに引けていたので多分6だろうなとは思っていた。

これまでに何度もギアスCCの高設定を打ったが、CCタイム8回は最高記録。

無限RTはボーナスの重いCCバージョンにとって本当にありがたい存在だ。

ギアスcc 設定6 出玉グラフ

終日の出玉グラフはこんな感じ。

朝一は低投資で当たったもののミドルばかりでなかなか出玉が伸びなかったが、お昼くらいからビッグが引け始めそこからはビッグとミドルの引くタイミングも良く安定して増え最終的には6000枚オーバー

最後数時間はボーナス後のRTを上手に使いきったところでまたボーナスを引くというCCバージョンにおける理想的なボーナスの引き方ができたのでみるみるうちに出玉が増加して本当に楽しかった。

数珠連での最大獲得枚数は1600枚ちょっととやや物足りないが、1000枚以上の塊が何度も取れたのでエンディングを何回も見ることに。

当機種の版権「コードギアス」は名作として名高いが、私は今年に入ってからようやくdアニメストアで無印とR2を全話見た(放送開始年は2006年)。

この頃はルルーシュのようなダークヒーローものが流行っていたなぁと懐かしい思いで見ていたが、話の展開やまとめ方はさすが名作といわれるだけの事はあると思った。

パチスロのギアスCCはエンディングも含め原作の魅力を壊す事なく上手に作っている。ただ、RT中のスザクの態度だけは絶対におかしい。原作のスザクなら間違いなくあんな態度はとらないだろう。

コードギアスシリーズ公式サイト

実践中はたくさんのプレミアを見る事ができたが、写真を取れたのはこれだけ(獣王プレミア)。

虹トロフィーの写真も取りたかったが周りに設定がばれたり目立ってしまうと今後に悪影響が出てしまうので我慢した。

今回設定6を打った感想だが、やっぱり勝率95%以上という事で負けようのない台だなと。

爆発力に関してはビッグ後即ミドルでRTを消すという事が少なくなる分、設定5の方が高い気がするが安定感は抜群。

なによりもともと演出面で人気があるCCなので、ボーナスが単純に増えればたくさんの当たりに絡む演出を見られるし、低設定と違ってミドル後のRTでもCCタイムにバシバシ入るので常に期待感を持って打つ事ができる。

ギアスCCの設定6はパチスロを打つという楽しさの面でも出玉の満足度でも現行機種の中でトップクラスだと思った。

設定4や設定5でも勝率は高いし(昨年の終わりから設定4以上を10回以上打っているが負けたのは1回だけで推定設定5で7000枚オーバーも)、とにかく面白いのでおすすめだ。

ただ、ホールのメイン設定である設定1だけはおそろしいコイン持ちと爆裂台顔負けの頻繁な糞ハマリが特徴の諭吉吸引機なのでしっかり回避するように。

コロナの影響で撤去がもう少し伸びそうなのでこれからもメインとして狙っていきたい。

シェアする