【エウレカ3設定6】高設定でも引き勝負 サクヤ&虹トロの実践データ有

シェアする

以前はノーマルタイプばかり打っていた私だが、昨年末頃から6号機を少しずつ触るようになった。

きっかけはパチスロライターのしのけんさんが6号機をメインに立ち回り結果を出している事を知ったからだ。

おかげで今では8割ノーマル、2割6号機といった感じになっている。

私は天井狙いやゾーン狙いが嫌いなので高設定狙い一本だが、6号機は今のところ収支にまずまず貢献してくれている。

今回はその6号機の中でもまずまず高設定に座れている【パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO】(エウレカ3)についての話だ。

パチスロ交響詩篇エウレカセブン3 HI-EVOLUTION ZERO

2019年末に導入されたエウレカ3だが、今年の頭くらいに推定設定4の台で5000枚弱勝てた事に味を占め、高設定が期待できる時だけは積極的に狙うようにしていた。

2019年末に初代まどマギ、バジリスク絆、ハーデス、モンハン月下といった、ホールの看板機種が姿を消した。 どこのホールも番長3やGOD...

最初の頃は低設定でも「引き」さえ強ければ勝てると甘い期待を抱きながら打っていたのだが、このエウレカ3、なかなか簡単な台ではないというのが打つ度に分かってきた。

設定推測は6号機の中でも簡単な部類に入ると思う。

公表されている機械割も設定5で107%、設定6で111%と悪くはない。

しかし、設定5や6といった高設定に座ってもなかなか安定して大勝できる台ではなかった・・・。

低設定でも引きさえ良ければ勝てるというのは、逆に言えば高設定でも引きが悪ければ負けるという事だったというわけだ。

まずは設定5。

これまでほぼ設定5確定という台に座ったのは5回くらい。そして勝ったのはそのうち2回だ。

エウレカ3 設定5最終データ ボーナス確率小役確率 スランプグラフ1

このデータは4以上確定+4否定+奇数示唆で設定5がほぼ確定した台。

最終的に500枚くらいのプラスは出たがミミズが這うようなグラフを描いた台で、勝てはしたものの非常にしんどい台だった。

エウレカ3 設定5最終データ ボーナス確率小役確率 スランプグラフ2

そしてこのデータはキリントロフィー+奇数示唆強のほぼ5確定台。

9500G近く回して疲れ切った私に1000枚ほどのマイナスをもたらしてくれた性悪台だった。

エウレカ3は、まず通常時のコンパクカウントチャンスで最低限の仕事ができないとお話にならないし、設定6以外はコーラリアンモードにもなかなか入らないので、少ないチャンスをものにしなければ普通に負ける。

もう今は慣れたが最初のうちは設定5でもなかなか勝てない自分を責めたものだ。

あくまで個人的な感想ではあるが、エウレカ3の設定5は勝てない。

そして最高設定である設定6だが…

小役確率や有利区間移行時のATレベル、周期失敗時のATレベル昇格抽選、周期到達時のボーナス当選率、REG中の昇格抽選、REG中の獲得PによるCMストック抽選、303G天井などにそれぞれ設定差がついており、設定6は別格の数字になっている。

1回設定6を打てば細かい数値を覚えなくても体感で分かるくらい推測・判別は容易な台だと思う。

エウレカ3ビッグボーナス中 勝利期待度MAX

その他、個人的に設定6が別格だと思うのが「BIG中のSP BATTLE勝利期待度アップ抽選」。

BIG中はハズレやレア役でコーラリアンモード突入やEX JAC獲得を賭けたSP BATTLEの勝利抽選が行われる。

ポイント獲得はレア役なら66.7%、強レア役なら80%といったループ率によって決まるのだが、ハズレ時のループ率(最低50%以上)に大きな設定差があるのではないかと言われている。

低設定なら1、2ポイントばかりのハズレ時のポイントが設定6なら5や6、時には20ポイントくらい一気に上がる事も。解析サイトなどには記載されていないが高設定のループ率が優遇されているのはほぼ間違いないだろう。

以上から設定6はビッグを引ければ赤白含めてだいたい50%くらいはCMに突入するイメージだ。

さらにCM突入確定のEPビッグも引きやすいので設定6は別格に安定度が高い。

エウレカ3 設定6最終データ ボーナス確率小役確率 スランプグラフ1

初当たり:59、73、83、387、153、138、83、57、82、160、194、78、81、69、241、46、329、447、77、334、29、571、141、731、248、320、105、313、286

上のデータはトロフィーこそ銅しか出なかったもののこれぞ設定6といった感じの挙動が随所に見られ早々に6を確信した台。

エウレカ3スペック3モード

終盤は伸び悩んだがエアリアルチャンス突入率や突破率も高く2度SPEC3 MODEにも入れられたので良い感じに出玉が増えた(両方ともすぐに終わったが)。

5号機を打ちなれている人からすれば6で4000枚なんてしょぼくて打てないわと思う人もいるかと思うが、私は基本ノーマルしか打たないので4000枚出ればかなり上出来な部類に入るのだ。

エウレカ3プレミア演出 モアイぃ~・パトらいおん・エイリやん

設定6は赤7やEPビッグも多いのでプレミア演出などもたくさん見られる点もGOOD。

そして閉店間際に…

エウレカ3ボーナス後 サクヤ 設定6確定

設定6濃厚のビッグ後終了画面「サクヤ」も見られて楽しい時間を過ごせた。

ただ、こんな素敵な設定6ばかりではない。

エウレカ3 設定6最終データ ボーナス確率小役確率 スランプグラフ2

初当たり:77、479、98、727、92、341、244、233、274、91、132、136、263、155、221、303、308、328、116、75、35、84、166

これはまた別の日に打った設定6。

この台はきつかった・・・。

挙動は6に似たものを感じたが全ての面で少しずつ足りなくて中盤までマイナス域をうろうろ。

もしかしたら6じゃないのかもと不安に思ってきた終盤にようやく虹トロフィーが出現し、そこから自分の設定を思い出したかのように少し噴いて終了。

全く出玉は出ないのに虹トロは合計3回も出た腹が立つ台だった。

エウレカ3エピソードボーナス メメントモリ1
エウレカ3エピソードボーナス メメントモリ2

終始辛かった事と作中でもトップクラスに感動するEP「メメントモリ」が見られた事だけが記憶に残っている。

ただ、最後に頑張って2000枚弱出てくれた事には感謝したい。

今まで設定6を何度か打ったが私自身は負けた事がない。ただ上のデータのように負けかけた事はあるので設定6でも負けてしまった人も結構いるのではないだろうか。

設定6なら勝率はかなり高いが引きが悪ければ大きくは勝てないし負ける可能性もある、これはどの台にも共通しているがエウレカ3は他の台よりもより引きが重要な台だと思う。

何度も言うが設定推測自体は非常に容易で、台の出来自体も良く面白い台なので引きに自信がある人は狙ってみるといいだろう。

シェアする