甘海太鼓を初打ち スペック良好&確変タイプに変更でなかなか面白い

シェアする

ブログを見返すと、前回パチンコ屋に行ったのが今年の4月で打ったのは「A-SLOT偽物語」。

現在の状況の悪さや数少ない高設定台を軍団に取られてしまう事などに嫌気がさし、パチンコ屋に行かなくなってから気が付けば半年以上が経っていた。

次に打ちに行くのは多分来年のホール禁煙化後だろうなと思っていたのだが、10月からの増税で物が売れなくなって仕事が暇な事と車検で15万から費用がかかった事で一気に財布の中が寂しくなってしまい、それを増やす為に久しぶりにパチンコ屋へと向かった。

狙いはいつも通りハイスペックのノーマルタイプだったが、以前と同じく数百人の並びの半数近くは軍団とその引き子・・・。毎回の事だが、抽選時から入場時で人が半分以上減る異常な光景には呆れてしまう。

案の定良番は引けず悩んだ挙句座ったのはマイジャグ。早めに当たってくれたが、しばらく揉んだ後に飲まれてやめ。

ジャグラーを打つ時は自分の台の挙動以上に島全体の挙動が大事。高設定の可能性が残っていても状況が悪ければ早めにやめた方が良いというのが私の考え方だ。

中間設定を長々打たされて最終的にトントンとかマイナスなら何をしにきたのか分からない。

店全体をグルっと回ってみると、出しているのは軍団だけ。ノーマルタイプを最優先に抑え、全台系が期待できる機種には打ち子を分散させて全判別。

1年前くらいから比べると客がかなり減ったなという印象だったが、台自体の魅力云々の前に軍団が跋扈する状況が嫌になって来なくなった人も多いと思う。軍団の排除を徹底しない店からは今後さらに一般人の足が遠のいていくだろう。

負けは数千円。打てる台も打ちたい台もないし帰ろうかと思ったが、海の甘デジが出ている事を思い出し釘だけでも見に行く事に。

PAスーパー海物語 IN JAPAN2 with 太鼓の達人

正式名称は「PAスーパー海物語 IN JAPAN2 with 太鼓の達人」。略称は「甘海 太鼓」とかだろうか。

5月1日からパチンコ内規が一部変更になりスタート4個以上が撤廃されたおかげで、等価ボーダー20回以下になり、さらにいつものST確変ではなく55%の純正確変タイプに。

ネット上の評価もまずまず良さそうだったので一度は打ってみたいと思っていた。

釘を見てみるとそれほど良さそうではないものの悪くもなさそうな感じ。

釘読みは未だによく分からないのでこういう場合は打ってみるしかないと打ち始めると、最初の千円で27回、次は28回とおそろしく回る。

その後は20回前後に落ち着いてきたが、削りも少なそうだし十分打てそうな調整だった。

しかし、そういう良調整の台はいつも当たらない。

100を超えても200を超えても300を超えても当たらず、元々少なかった財布の中身はどんどん減っていき、ついに最後の1漱石に・・・。

さすがにいい歳をして財布の中身が空っぽなのはどうなのかとも思ったが、止められるはずもなく最後の漱石を投入。

最後の最後に当たった時の為に下皿に3球だけ残して打ち続けるもあっけなく247球は保留を4個残して台に吸い込まれてしまった。

しかし、最後から2個目の保留が糞みたいな演出からなんと大当たり(偶数絵柄)。

そして連荘とはいかなかったものの、時短抜けで確変をゲットし、そこからは釘の良さも活かして少しずつ出玉が増えていく楽しい展開に。遠隔否定派の私も、この奇跡には店長ボタンの存在を少し疑ってしまった。

甘海 太鼓 もう1回
甘海 太鼓 豪華絢爛 忍者ウリン
甘海 太鼓 豪華絢爛リーチ

私はこれまでのST確変があまり得意でなかったので、今回のスペック変更はうれしかった。確変割合も55%と連荘しなくても諦めがつく絶妙な割合で特にストレスを感じる事もなく。

相変わらずイラストのマリンちゃんやウリンちゃんは可愛いし、JAPANの演出も嫌いではないので「こういうのでいいんだよ」という言葉が何度も頭に浮かんだ。個人的にはこの「甘海太鼓」は良台の部類に十分入ると思う。

もちろん「スペシャル魚群タイム」中の無駄な煽りやき〇がい光量、ラウンド中のミニゲームのパターンの少なさ等、不満点は多々あるが、久しぶりに面白いと思えた台だった(もちろん良釘である事が前提だが)。

甘海 太鼓 金どん保留
甘海 太鼓 10R
甘海 太鼓 連打

大当たりの出玉はやや少ないものの、ノーマル調整なら出玉のカットはそれほどないし、電サポ中もちょろ打ちでほぼ球減りがなかったのでストレスフリーだった。

極悪店ならこのあたりを削ってくるだろうが、元々少ない出玉をさらにカットするような店には近寄らないほうがいいだろう。

その他、賛否両論あると思うのがラウンド振り分け。メインの5R以外にもわずかではあるものの3Rと7R、そして10Rの振り分けがある。

プロと呼ばれる人たちは5Rオンリーの安定感を好むので否定的なようだが、私はもしかしたら10Rかもという楽しみを持ちながら打ちたいタイプなので賛成だ。

甘海 太鼓 10Rセグ

ただし、ランプを見たらラウンド数が分かってしまう点は相変わらず。うれしい瞬間ではあるが、強いていえば初代百花繚乱甘の「昇天RUSH」ように演出できれば最高。

演出的にはJAPANより沖海のほうが好きなので、中身はこのままで沖海バージョンの甘海もつくってくれたらなと。そしたら釘さえよければスロットよりパチンコを打ちたい。

甘海 太鼓 夜背景

「P機」は糞というイメージが強かったが、今回甘海太鼓を打って甘デジならスペック的にも十分面白いものをつくれるというのが分かった。

ボーダー20以下の多種多様なスペックの甘デジが良調整で運用されれば毎日のように通いたいと思うのだが、今のパチンコ屋の状況では優良店を除いて難しいのかな。

昔のように甘ビックリマンや羽根セブン、銀河乙女、戦国乙女、百花繚乱、ペルソナ3なんかを一日中ゆっくり打ちたいものだ。

シェアする