謎の台ナナイロサンゴのスペックと設定差

シェアする

老舗パチスロメーカーバルテック製作

ナナイロサンゴなる台が適合したと知ったのは確か去年の11月頃だったように思う。

私が知っているのは老舗パチスロメーカーバルテック(経営が非常に厳しい状態だったようだが徳島県の企業に買収され存続しているようだ)から発表されたノーマルタイプ機という事のみ。
株式会社バルテック

バルテックの台で打った事のあるものは4号機のマネーゲーム実戦パチスロオレ主義!!くらいだったかと(5号機は打った記憶があまりない)。

マネーゲームは永久ATという頭のおかしい出玉システムを搭載したAT機、実践~の方はパチ漫画家をモデルにした頭のおかしい演出を搭載したストック機だったと思うが、どちらもあまり私の好みではなく数えるくらいしか打っていない。

ただ今回はノーマルタイプという事とナナイロサンゴという香ばしそうな匂いがする名前が妙に気になり、近いうちに打ってみたいなという気持ちが芽生えていた。



ナナイロサンゴは導入数の少ないレア台

どこか近場の店に入らないかなとアンテナだけは広げておいた。しかし発表から数か月経っても県内はおろか近くの県でも全く導入される気配なし。

ネットで調べてみてもこの台についてほとんど情報はなかったが、バルテックを買収した徳島のパチンコ屋には確実に導入されている事だけは分かった。

遠出してまで打つ価値はないと思ったが、とりあえずどんな台なのか(スペックや雰囲気)くらいは知りたいなと思い海を渡る事にした。

ナナイロサンゴのスペックと設定差

※後継機?のナナイロサンゴver.2.0(ナナイロサンゴ/BA)のスペックと設定差も分かったので記事の最後の方に紹介

[ナナイロサンゴパネル]
ナナイロサンゴ パネル

数店舗見て回ったがナナイロサンゴはどこの店舗でもそこそこ大事に使われている感じだった。

BB、RBともに結構な数がついており、4000枚程度出ている台もそこそこ(BB40オーバー、RB40オーバーの台もちらほら)。

[スペック]

設定 BB RB 合成 機械割
1 1/278.8 1/368.1 1/158.6 98.0%
3 1/267.4 1/324.4 1/146.6 101.2%
5 1/252.0 1/277.6 1/132.1 105.5%
7 1/238.3 1/238.3 1/119.1 110.1%

[設定差]

設定 単独BB 単独RB 角チェ+BB 角チェ+RB 7枚役確率
1 1/392.4 1/528.5 1/963.7 1/1213.6 1/6.55
3 1/347.4 1/474.8 1/936.2 1/1024.0 1/6.45
5 1/352.3 1/390.0 1/885.6 1/963.7 1/6.35
7 1/329.3 1/329.3 1/862.3 1/862.3 1/6.25

※スペック、設定差ともに現地調べ

まず設定は1.3.5.7の4段階設定。普通の台のように最高が6ではなく7なのには何かこだわりがあるのだろうか。

設定7はどこのホールでも看板機種になっているマイジャグよりも甘く安定して出そうな感じ。BBRBともに40回オーバーの台などは設定7を使っているのかもしれない。

打ってみた感想は…これは完全にマイジャグだ

ナナイロサンゴ

リール配列は…完全にマイジャグと同じ。

リプレイ=オレンジの謎の魚介類、ブドウ=フィン、ピエロ=クマノミ、ベル=黄色のフグのような魚介類と絵柄を変えているだけ…大丈夫なのかこれは。

で、↑の画像は1回目に当たった時のものだが、左の宝石箱が光ったらボーナス確定。

ナナイロサンゴ告知ランプ

この宝箱がジャグラーのGOGOランプのようなもの。

光り方は結構おとなしく、いつの間に光ったのか分からない時もあった。たまに告知時に音がする時があるのだがいつもの音と違えばBB確定(ワンっと犬の鳴くような音がした時も)。

ナナイロサンゴランプ青

ナナイロサンゴランプ緑

告知ランプが点いた次ゲームで上パネルの色が変わる(青、緑、赤は確認)のだがおそらくBB期待度か何かだろう。青ランプでも結構BBだったので赤ならBB確定なのかな。

ナナイロサンゴチェリー重複

チェリー重複はこんな感じ。ジャグラー系と同じで連チェリーにならなければ重複確定。

ちなみに何度か遅れを確認した。

おそらくチェリーorチェリー重複ボーナスorボーナス、9回中2回チェリー否定でボーナスだったのでそこそこの信頼度といったところか。割と頻繁にくるので退屈さを紛らわせてくれた。

結局昼前から回して…

総回転3370回転、単独BB13回(1/259.2)、チェリー+BB3回(1/1123.3)、単独RB6回(1/561.6)、チェリー+RB3回(1/1123.3)、フィン500回(1/6.74)でやめ。

途中もしかしてこいつ●モノでは…などと思うほどの強烈な連荘もあったがすぐにおとなしくなりまったりとした展開に。

設定差のあるところもあまり引けず低設定と予想したので1000枚ほどプラスで終了。

打感は全く違うが(とても硬くて重い感じ)あとはほぼマイジャグ。どうしてもこの台が打ちたくなるといった中毒性も特になし。

ただこの台の値段がジャグラー系よりもかなり安価なら全然導入してもよいのではとも思った。

ジャグラー自体設定状況がいいから仕方なく打っている人も多いだろうし(私もその口)、店が大事に使って客を教育していけば人気機種になる可能性はあるかもしれない。

個人的には別にジャグラーを真似せずに違う形のノーマルタイプ(あえて萌え系とか)を作った方がよかったのではと思ってしまうのだが、メーカーにはメーカーの戦略があるのだろう。でもせめて絵柄だけはもう少し考えた方がよかったのでは……

次もう一度遠出してまでは打たないが、近くの店に入れば応援(小さいメーカーには頑張って欲しいので)の意味で打つかもしれない。



ナナイロサンゴver.2.0(BA)のスペックと設定差

ナナイロサンゴに早くも後継機?が出たらしい。早速パネルやスペック、設定差を入手したので紹介。

[ナナイロサンゴパネル]

ナナイロサンゴver.2.0パネル

[スペック]

設定 BB RB 合成 機械割
1 1/284.9 1/327.6 1/152.4 97.5%
2 1/282.4 1/292.5 1/143.7 99.0%
3 1/278.8 1/278.8 1/139.4 100.1%
4 1/269.7 1/269.7 1/134.8 102.4%
5 1/256.0 1/256.0 1/128.0 105.2%
6 1/248.2 1/248.2 1/124.1 107.8%

[設定差]

BB&RBの内訳

設定 単独BB 単独RB 角チェリー+BB 角チェリー+RB
1 1/504.1 1/546.1 1/655.3 1/819.2
2 1/496.4 1/496.4 1/655.3 1/712.3
3 1/485.4 1/485.4 1/655.3 1/655.3
4 1/471.4 1/471.4 1/630.1 1/630.1
5 1/442.8 1/442.8 1/606.8 1/606.8
6 1/431.1 1/431.1 1/585.1 1/585.1

通常時の小役確率

設定 フィン チェリー クマノミ ハコフグ
1 1/6.69 1/36.41 1/1024.0 1/1024.0
2 1/6.69 1/35.81 1/910.22 1/910.22
3 1/6.69 1/34.49 1/910.22 1/910.22
4 1/6.55 1/33.47 1/744.73 1/744.73
5 1/6.49 1/33.33 1/655.36 1/655.36
6 1/6.30 1/33.20 1/606.81 1/606.81

BB中の小役確率

設定 チェリー クマノミ ハコフグ
1 1/32.00 1/1024.0 1/1024.0
2 1/29.99 1/910.22 1/910.22
3 1/27.99 1/910.22 1/910.22
4 1/24.00 1/744.73 1/744.73
5 1/20.00 1/655.36 1/655.36
6 1/20.00 1/606.81 1/606.81

このスペックや設定を見ての感想だが、このピンクのパネルのver.2.0は私なら絶対に打たない。

6(旧verは7)の機械割の糞化は仕方ないにしても、4段階から6段階にしたりRBの設定差を少なくする事によって設定の推測をわざと困難にしている。

さらにBB中の小役に中途半端な設定差をつけているが非等価ならほとんど勝てないであろう設定3や4を最高設定と期待させて打たそうという下心が透けて見える。

旧verは打ちたいと思えるスペックだったが、このver2を打ちたい人は勝てなくてもナナイロサンゴの演出が好きなマニアだけだろう。

どうしてもこのナナイロサンゴver2で勝ちたい人は・・・

①ジャグラー系と同じく通常時は逆押しで上段に(7.バー.ハコフグ)を狙い、ハコフグとクマノミをカウントして設定3以下を避ける

②BB中も逆押しでフラグを判別してもいいが面倒なので、左チェリー狙いでチェリーをカウントすると同時にハズレ、ハコフグ、クマノミを合算でカウントして設定3以下を避ける

これで4以上を打つようにすればいいかと思う。

旧verはまた打ってもいいなと思っていたが、この新verと入替ならもうナナイロサンゴを打つ機会はないだろう。

シェアする

フォローする