クレアの秘宝伝4は面白くないこともないが演出は手抜き気味で推測も難しめ…

シェアする

またまた久しぶりのブログ更新。

ノーマル好きを謳ってブログをつくったものの、以前の主力だった5号機のノーマルは来年の撤去を見据えて減台の嵐&ベタピン状態なので到底打てず、ここ数か月はバジリスク絆2ばかりを打つ日々が続いている。

ユニメモを見るといつの間にかバジ絆2の回転数は50万ゲームを超えてしまった。+差枚は多分5万枚を軽く超えており収入面では助かっているが、この時間を勉強や趣味に使えばいかほど意味のあるものになるだろうと考えると頭が痛い…。

クレア4(推定高設定)の初打ちの感想

クレア4の概要

さて、今回は絆2ではなく発表時には6号機ノーマルタイプの希望とまでいわれた【もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達】を打ったときの話。

長いので以降は【クレア4】と呼ぶ。一般的には【もっと!クレア】とかで呼ばれているんだろうか。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 公式サイト機種の特徴もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達公式サイト

台の仕様だが、基本仕様はノーマルタイプで、それに加え30G継続のRTを搭載。RTはビッグボーナス終了後や通常時のチャンス目から突入するチャンスゾーン(クレアのCZ)を経由して突入する。

ボーナスとRTの合算初当たり確率が設定1でも約1/87.7と遊びやすいのが特徴で、演出面はキャラクターのかわいさを前面に出したつくりとなっている。

一番重要な機械割は完全攻略を行えば設定6で110%と6号機としてはかなり高い部類に入るのではないだろうか。

人気はいまいちのクレア4

クレア4は今後の主力になる可能性もあったので前々から打ちたいと思ってはいたのだが、私の通う店は新台導入時にはあまり設定を入れないのでしばらくはデータの収集のみに徹していた。

が、導入から数日で客がまばらになり、数週間後には終日ボーナス0の台もちらほら…。

店が設定を入れないのが悪いのは間違いないが、低設定でも打ちたいと思わせる何かが根本的に欠けているのだろうかと想像した。

推定高設定のボーナス確率や重複確率

そして、ある程度機種の解析も公開され、狙えそうな台もあったので満を持して実践開始。

序盤から設定差のあるボーナスを次々と引き、上3つはあるだろうと推測。

最終的には8100G回してビッグ36回(1/225)レギュラー28回(1/289)という結果になった。

設定推測に重要な重複は…

【チャンス目(ABC合算)重複】

レギュラー20回(1/405)、黄異色2回(1/4050)、赤異色7回(1/1157)、黄同色7回(1/1157)、赤同色9回(1/900)

【チェリーA重複】

レギュラー6回(1/1350)、黄異色3回(1/2700)

【チェリーB重複】

レギュラー2回(1/4050)、黄同色2回(1/4050)

【スイカA重複】

赤異色1回(1/8100)、赤同色2回(1/4050)

【スイカB重複】

赤異色1回(1/8100)、赤同色1回(1/8100)

【ピラミッド揃い】

赤同色1回(1/8100)

同色ビッグは赤黄合わせて22回(1/368)、異色ビッグは赤黄合わせて14回(1/578)。

通常時の小役にも設定差があるが、私は随分前から一部の機種以外は小役を数えないことにしているのでデータはなし。

ジャグラーやアクロスなどのノーマルタイプを打つ時に毎回小役を数えているのに勝てないという人は一度小役カウンターを置いてみることをおすすめする。私は小役のカウントをやめてから劇的に勝率が上がった。

小役を数えることに意味がないというわけではないが、小役に重きを置き過ぎると高設定を捨ててしまったり逆に低設定なのに引っ張られてしまったりすることが多い。

小役を数えて勝てている人はいいが負けている人は店選びと根拠のある台選びを重視するほうがいいと思う。

話を戻そう。実践中設定確定系の演出は一度たりとも出現しなかったのでもちろん設定1の可能性も0ではないが、個人的には設定5あたりではないかと予想。

解析を見ると高設定確定演出(スタンプ銀プレート以上)の出現率は激低で、特定の設定否定演出に注目しながら設定推測をしていく形になる。個人的には推測は難しめの部類に入ると思う。

そして肝心の出玉はプラス1000枚ほど

一番たくさんあったときが+1500枚くらいで一番少なかったのは-300枚くらい。1800枚の区間で8000G間うろうろするという爆裂機好きなら多分発狂するであろう正直しんどい展開だった…。

でも6号機ノーマルタイプの設定4とか5はどの機種もこんな感じになるのでしかたない。

昔からノーマルタイプを主で打っている人間なら全然許容できる範囲。勝たせてもらえるだけありがたい。

演出面は手抜き感が否めない

が、この【クレア4】はどうにも演出面がいただけないのだ。

通常時(メモリアルRT選択時にはRT中も)はメインのクレアの秘宝伝に加えて、リゼロやシェイク、正宗、吉宗、爺夏、番長など、さまざまな機種をテーマにした演出を選べるのだが、それぞれの演出のボリュームが圧倒的に少ない。

強めの演出が数個程度で、それぞれの機種の良さがほとんど出せていないのだ。

一日打ち続けたので全ての機種の演出を一通り見たが、正直手抜き感は否めなかった。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 リゼロオマージュ 女神がかってますね

話題になっていたリゼロオマージュの「女神がかってますね」はまぁ面白かったが。

ぶん回したいなら通常時の演出はシェイクがおすすめ

3、4000G回してからはシェイクの演出がレア役を取得するのに楽なことに気づき、以降はずっとシェイク。

ステップ3以上の演出が出た時だけ目押しし、後はひたすらおやじ打ち(死語)の繰り返し。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 シェイク演出

ステップ4以上でレア役確定。ステップ3でもハズレがある仕様は少しイラっとする。

高設定を積もって全開で回したい時にはシェイクをおすすめする。

目玉であるRTも秘宝RTとメモリアルRT、ストーリーRTの3つから選べるが、ストーリーRTは手抜きの極みで秘宝RTも微妙、通常時の予告演出がベースのメモリアルRTが個人的には一番マシだった。レア役を楽に取得できる上述のシェイク演出が大前提だが。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 白バーを狙って

RTはなかなか入らないし続かないので本当にストレスがたまる。高設定のツイブレAのRTみたいな感じ。

ボーナス察知は唯一といってもいいスッキリポイント

唯一といってもいいかもしれないスッキリポイントはボーナス判別(察知)。

ボーナス察知手順はいろいろあるが、ビタ押しができる人なら中押しがおすすめ。

1Gで赤同色と赤異色が揃えられるし、その他のボーナスも2G目で全て揃えることが可能だ。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 中リール赤7中断 すべりで同色ビッグ確定

中リールの下段にピラミッドをビタ押しし、中段に赤7が止まれば同色ビッグ確定。ずるっと滑ってきたときはなかなかの快感だ。

中段赤7以外でも上段に赤7が滑ってきた時はチェリーorスイカor赤異色ビッグとなり、レア役直後に上段赤7が止まった時は激熱。

演出面はいまいちだがたくさん曲が聴ける点は高評価

シェイクを選び基本おやじ打ちでレア役の期待度が高い演出時のみ目押しして次ゲームからボーナス察知の繰り返し。面白くはないがクレア2の時もこんな感じだったので苦痛ではない。

面白くないこともないが設定度外視で打ちたいと思える台ではない。これが私の【クレア4】に対する感想だ。

5号機ノーマルタイプが全て撤去された後でもよほど設定状況が良くなければ打たないだろうなぁと。

演出面で良い部分はあまりないが、たくさんの曲が聴ける点は評価する。搭載楽曲52曲は素直に凄いと思う。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト

最初は通常時の演出で良いのがあれば写真を撮ろうと思っていたのだが、特になかったので気がつけばビッグ中のイラストばかりを撮っていた。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト2

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト3

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト4

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト5

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 ボーナス中イラスト6

声優に歌をたくさん歌わせたり、カスタムでコレットやアキの声優を変更できたりと声優たちへの還元は凄そう。

んほりたい気持ちも分かるので否定はしないがその情熱や心意気、予算をもう少し台の演出面に回してほしかった。ユーザーをないがしろにするのはいけない。

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 アキ レギュラー終了後イラスト

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 アキ レギュラー終了後イラスト2

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 コレット レギュラー終了後イラスト

もっと!クレアの秘宝伝 女神の歌声と太陽の子供達 クレア レギュラー終了後イラスト

アホなユーザー共はレギュラー終了画面のイラストでも見せれば満足するだろう的な考えが透けて見え、なんともいえない気持ちになったものだ。まぁコレットのは悪くないが。

長々と書いて疲れてきたのでこれくらいで。以上、クレア4の高設定らしきものを打った感想でした。

シェアする